主婦の内緒の借金多重債務の解決方法!督促すぐ止まる借金整理の申込窓口!

激しいい督促に合い、電話の攻勢や嫌がらせ!解決できた方が激増中!

 

個人がお金を借りる時(リボルビング契約の借入枠を設定も含む)、50万円を超えて借りるケースや、借りている分も合わせて100万円を超えて借りる場合は、年収を証明する書類の提出が必要です。

 

それ以外の借入れであれば、自己申告に基づき年収を確認することとなります。

 

改正貸金業法による消費者金融の規制の効果が厳しく出ています!

 

お金を借りる時も、返済するときも、債務者は苦労の連続ですね!

 

融資を断られても、また貸してくれそうな金融業者を捜し歩く!

 

結局、返済できなくなると・・・・激しいい督促に合い、電話の攻勢や嫌がらせ!

 

総量規制によりサラ金や消費者金融も、倒産に追い込まれています。

 

早く、過払い金を取り戻してください!

 

無料相談★★★★★オススメ↓ ↓ ↓
債務整理

 

 

 

51金融会社|ブラックok|申し入れ|自己破産カード

 

 

52資料請求|相談なら|任意整理弁護士|休日相談

 

 

53キャッシングの一本化|100万円以上|取り立て|債務弁護士|期日延滞

 

 

54闇金|債権者自己破産|ブラックok|年収等の3分の1|延滞時効

 

 

55延滞損害計算|身内の借金|全財産換価|勤続年数短めOK

 

 

56サラリーローン|サラ金相談|保証人|モビット

 

 

57苦悩|高金利で借金|即決借入マル秘情報|残元金

 

 

5810万円未満|早期対処|任意整理バレない|他社借り入れ8件|借金チャラ

 

 

59むじんくん|開示を請求|可能|キャッシング゙|ネットローン

 

 

60過払い利息|銀行系のカードローン|破産できない|金融債務

 

過払い金請求のやり方

みなさん過払い金とは何かご存知ですか?過払い金とは、本来支払う必要がなかったにもかかわらず、消費者金融などの貸金業者に多く支払ってしまったお金のことを指します。そしてこの過払い金は、相手方に請求することができるのです。
利息制限法という法律では、利息の上限は貸金の金額に応じて15%〜20%と定められています。一方、出資法という法律では、利息の上限が29.2%となっており、
お金を貸す際の利息が利息制限法の上限を超えていたとしても、この出資法の上限を超えていなければ刑事罰を受けることはありませんでした。
つまり、この二つの法律における利息の上限の差によって支払ったお金が過払い金となり、支払った相手方に請求することができます。また、現在進行形で返済を行っている方でも、過払い金を支払っている場合には返済の相殺や、過払い金請求ができます。
過払い金請求は自分一人でも可能ですが、弁護士や司法書士などのプロに依頼することが賢明です。プロの方に依頼をすれば、わざわざ利息を計算する必要もありませんし、金融会社への請求も代理で行ってくれます。裁判を起こす際など、法律の知識が浅い人にとってとても心強い存在となるでしょう。
過払い金請求はプロに依頼する方が上手くいくので、まずは信頼できる弁護士や司法書士を見つけましょう。

 

 

 

 

61キャッシングローン|いま借りれない|無料電話相談|サラ金ブラック|ネオ闇金

 

 

62債務整理と住宅ローン|マイカーローン|債務 整理|17条書面

 

 

63安心|財産処分|借金相談掲示板|学生ローン

 

 

64やり直し|減免|即収入|債務帳消し

 

 

65借金多重債務|借金体質|借金女王|債務過払い|借金苦

 

 

66債務の発生|完済してるぶん|自己破産費用|借金問題解決

 

 

6750万円用意できない|18日完全施行|債務者とは|1000万円以下の罰金

 

 

68多重債務債務整理|簡単審査キャッシング|可能|金融トラブル|債務の不履行

 

 

69ブラックリスト回避|外資系|返済額減少|JCB

 

 

70むじんくん|ローン借金|償還|緊急相談

 

 

7118条書面|サラ金相談|誰でも借りられる|ローン破産|UCカードローン

 

 

72借金帳消し|マイホーム|債務引き受け|償還債務|出資法改正

 

 

73クレジットカード延滞|簡裁|自己破産債務整理ガイド|緊急でお金が必要|激甘消費者金融

 

 

74規制強化|泣き寝入り|債務整理借金返済|サラリーローン|家族内緒

 

昨年、父が経営する会社が破綻寸前に陥った。

 

従業員への給料も支払えず、銀行の融資も勿論不可能。

 

個人で借り入れするしか方法がなかったが、

 

父は多重債務者で、あらゆる貸金業者からブラックとして登録されている為、

 

結局、僕が大手銀行系の消費者金融で借りさせられる羽目になった。

 

現在も返済に困っている状態です。

 

 

75カードローン|ローンレディース|返還請求が可能|ローン住宅|解決

 

 

76みなし弁済|リボルビング方式|大手事務所|グレーゾーン金利|安心

 

 

77フリーローン|サラ金返済|貸金債務|安心|安心

 

 

78NICOS|キャッシングサラ金|和解報酬|依頼費|依頼した場合の報酬

 

 

79疑問|相談窓口|特別徴収延滞金|任意整理費用|飛ぶ

 

 

80競売|サラ金債務整理|その場凌ぎ|債権保存

 

 

81書類整理|遅れ|借金の時効|延滞額|信用情報ブラック

 

 

82順次一本化方式|取立てストップ|飛ぶ|借金消滅|キャッシング金利

 

 

83助かる道|ノウハウ|住宅ローン破産|5%の請求

 

 

84金融整理|水商売OK|和解の条件|自己破産者OK

 

 

85個人版民事再生法|過払い訴訟|倒産債務|債権譲渡|自己破産しない個人再生

 

 

86正当な請求権利|貸金業法43条|激甘ブラック金融情報|借りては返し|審査に落ちた

 

 

87金なし|減らす|裏融資債務弁済|延滞回収

 

 

88サラ金回収|キッチリ回収|デメリット|ヤミ金|キャッシング銀行系

 

 

89債務不存在|激甘ローン|悪質な取立て|借金返済生活|引直計算

 

 

90任意債務|JCB|チケット金融|会社が破産|減る

 

 

91キャッシング利息|内職|緊急|管財人

 

高金利の所から借りてしまいました。恥ずかしながら信用情報が足りないのか、どこからも貸してもらえず、しかしお金は必要という訳でなりふり構わず借りれる所から借りたというのが原因です。自営業で景気も悪く利益も出ていません。金利しか返せなくて元本が全く減らないのです。このままでは商売を畳んで自己破産という道を選ぶしかありません。何か良い道はないもんでしょうか?

 

 

92アメックス|減免|多額の借金|家庭崩壊

 

 

93キャッシング女性専用|延滞滞納|無保証人|住宅

 

 

94司法書士債務整理|クレジットカード|無知な私|個人再生のメリットとデメリット|借金返済住宅ローン

 

 

95債務整理法律事務所|5パーセント利息|利用限度額|ネットキャッシング

 

 

96ヤミ金被害|手元に返ってくる|裏話|貸し渋り

 

 

97延滞金|過払い100%返還|自己破産者|トラックドライバーOK|メールレディー

 

 

98金融融資|債務保証書|携帯|確定債務

 

 

99キャッシングローン|過払い金計算|踏み倒す|金融事故者

 

 

100ネットキャッシングローン|マイカーローン|過払い金返還請求権|サラ金被害者|ローンクレジット

 

 

自己破産と破産法252条2項における裁量免責の判断要素

 

 借金をするのは様々な理由によりますが、多重債務に陥り返済の目処がたたない状況になったとき、いくつかの解決ルートがあります。その一つが自己破産です。過払い金返還請求もその一つです。自己破産をすると、法的には破産者として取り扱われることになります。そこで、遺言執行者になれなかったり、不在者の財産管理ができなくなるなど様々な資格制限にかかってしまう。ただ、その反面、債務からは解放されます。免責を受けることによって、新たに経済的再起更正を図ることが可能になるのです。

 

 免責については破産法252条が定めておりその一項では免責をすることが原則とした上で、例外として列挙された事項に該当するときは許可しないこととなっています。ただ、たとえ、その一つに該当する場合であっても2項において裁量免責が受けられる場合があるとされています。その判断要素としては、債務者側の事情、債権者側の事情、その他の事情とあります。

 

 債務者側の事情としては借り入れに至った経緯や借入金の使途、一部弁済の有無などが考慮されます。多重債務に陥った理由が金融業者が次々と他の業者から借り入れるよう求めた場合にはそのことが考慮され、免責されやすくなります。また、一部弁済をしている場合は、誠実な債務者であるとして免責されやすくなります。基準としては債務額の10%程度とされています。ただ、借入金の使途として、パチンコや競売、競輪といったギャンブルに費やしたり、遊興費や浪費に使っていた場合は免責されにくい方向に向かいます。

 

 債権者側の事情としては、信用調査をしたのか、資料を提出させて申告が真実であるかを確かめたかが考慮されます。資力がどれだけあるのかをきちんと調べて、返済の見込みがないのに貸し付けたという場合は免責されやすくなるということです。免責に異議を述べる債権者が何人いるかも考慮されます。

 

 その他の事情としては私的整理や生活保護が考慮されます。これらの債務者側の事情、債権者側の事情、その他の事情の総合判断により裁量免責がされます。