利息制限法と出資法

法律事務所の債務整理無料相談

利息制限法と出資法

2年前の平成22年6月18日までは、
消費者金融業者の貸付け利息は、利息制限法利率を超えていました。

 

その状況、つまり利息制限法利率を超えていても、
出資法5条2項所定の年29.2%を超えない限り、刑事罰に該当しませんでした。

 

グレーゾーン金利

利息制限法を超え、出資法29.2%以下の利率がグレーゾーン金利でした。

 

グレーゾーン金利は廃止された

平成22年6月18日改正貸金業法完全施行によりグレーゾーン金利は廃止されたました。
出資法の上限利率は20%に抑えられ、
20%を超える貸し付けは刑罰の対象となりました。

 

貸金業者は利息制限法により、貸付額に応じて15〜20%の上限金利での貸付けることになりました

 

また、利息制限法と出資法の上限金利の間で貸付けると貸金業法の法令違反で行政処分の対象になり、20%を超えれば出資法違反で刑事罰となります。
日賦貸金業者や電話担保金融業者も20%が上限金利とされました。

利息制限法と出資法|債務整理 借金相談!記事一覧

法定利息の超過分は無効!

法定利息の超過分は無効!利息制限法1条1項の規定では金銭消費貸借の法定利息の超過分は無効と規定されています。元本が10万円未満の場合:年20%を超えるは利息支払う必要がない元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%を超える利息は支払う必要がない元本が100万円以上の場合:年15% を超える利息...

≫続きを読む

 

出資法がわかると債務整理・過払い金返還請求せずにはいられない!

今回の改正で上限金利が20%となりました。また今回の改正で出資法の20%の上限金利を超えた貸し付けは刑事罰の対象となりました。改正前の上限金利は29.2%でした。利息制限法上限金利は利息制限法の水準は、貸付額に応じ15%?20%です。また、利息制限法の上限金利を超えるた金利の貸付けは民事上無効であり...

≫続きを読む

 

払い過ぎた過払い金の返還請求すれば、結果は債務0円になる可能性大

利息制限法利息制限法1条1項では、金銭消費貸借の法定利息が超過分すれば、その金利は無効とされています借りたお金の元本が10万円未満の場合だと、年20%!元本が10万円以上100万円未満時は年18%!元本が100万円以上なら年15% を超えた場合は、その超えた金利は支払う必要がないってことです。それを...

≫続きを読む

 

無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。

PCパソコンはココ↓ ※ご注意 個人間の借金の相談や 税金滞納 すでに法テラスや他の弁護士事務所に依頼の方 本人以外の方 上記対象の方から相談は受付できません!