内緒の借金多重債務の解決方法!督促すぐ止まる借金整理の申込窓口!

借金の法律

改正貸金業法

 

改正貸金業法(平成22年6月18日から実施)
1.総量規制で借入残高が年収の1/3を超えると、新規借入はできなくなった。
借入には年収を証明する書類が必要
2.上限金利は15%?20%になりました。29.2%は違法となりました。
3.貸金業者の規制が強化されました。

 

無料相談★★★★★オススメ↓ ↓ ↓
債務整理

 

 

 

利息制限法:◎利息制限法の上限金利(超過すると民事上無効)
:貸付額に応じ15%?20%

 

金銭消費貸借の利息は、次の利率を超えた超過部分は無効(1条1項)
元本10万円未満→年20%

元本10万円以上100万未満→年18%

元本100万円以上→年15%

 

 

グレーゾーン金利

グレーゾーン金利は撤廃されています。グレーゾーン金利での貸し付けは、行政処分の対象です。
※出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間の金利がグレーゾーン金利でした

 

出資法
:平成22年6月18日から、出資法の上限金利は20%に引き下げられています。改正前は29.2%でした。出資法の上限金利を超える金利帯での貸付けは、刑事罰の対象です

 

司法書士に依頼

過払い金返還請求というものがあるのを知り、地元の司法書士を訪ねました。
借入はすべて返済し終えているのですが、私がそういうものを利用していた時代は今よりも金利が高く、違法だったらしいのです。その法定金利を超えていた部分の金利を変換請求できるらしいのです。
この額、思っているよりもかなり大きいんです。
特に私のように5年も10年も借り続けて、最終的には全額返済している場合などは何百万という単位になるようです。
司法書士への依頼料がありますので全額とはいきませんが、たくさん戻ってくるように祈っています。

 

過払い金請求の特徴について