任意整理・自己破産・民事再生・特定調停・過払い金返還請求などの債務整理!

債務整理って?

債務整理

 

長年にわたりサラ金や消費者金融から借り入れをしたり、返済をしたりして、借り入れを繰り返してきた方!
最近になって不景気で仕事も減り、収入もなくなってきたので、返済がとどこってきた。
近頃は毎日毎日、金融業者の借金返済の督促に追われている人でも、弁護士や司法書士の受任契約で、金融業者は取り立てが一切できなくなるのです。
即時受任により、金融業者からの督促電話や嫌がらせは一切なくなります。
それどころか今まで毎日借金に苦しんできた人たちが、法律家に相談した結果、借金がなくなったり、過払い金が返還されたり、大幅な減額を勝ち取ったりと、最終的には地獄から普通の生活にもだれました。
任意整理で過払い金の返還請求をした人は、過去に払い過ぎた金利まで返還してもらいました。今は、債務者にとってとても有利な法律環境になっています。この機会を逃さず、借金に追われている人は、いますぐ債務整理を検討して、今すぐ依頼してください!借金地獄はスグなくせます。返済不可能な借金を0円までなくせる債務整理がオススメです。

 

債務整理の種類を解説
無料相談★★★★★オススメ↓ ↓ ↓
債務整理

 

 

任意整理とは?

 

裁判所を利用しないで、多重債務などの借金債務を減らす交渉により、債務を任意に整理することです。金利や元金などを減免する個人的な交渉は、消費者金融相手である故、困難を伴うので、弁護士や司法書士に依頼することになります。金融業者と利息制限法に基づいた債務減免交渉をして、残った債務は、3年?5年程度の分割で返済可能な金額を合意して、普通の生活を維持しながら、返済できる金額だけを、返済することになります。当然、すでに債務が消滅している計算になれば、借金0円です。

 

過払い金返還請求とは

任意整理は、利息制限法により、本来支払う必要のなかった利息の引き直し計算をします。利息制限法を超えた支払った高金利の過去に返済した利息部分を、消費者金融などから取り返すことになります。つまり過払い金の返還請求です。高金利でない法定利息なら、もっと元金が減っていたはずだから、減少していたはずの本来あるべき元金を計算し直して、余分に支払っていた返済金に、金利をつけて返済してもらうことになります。これが過払い金返還請求です。

 

自己破産とは?

 

自己破産:破産宣告から免責決定を得られれば、返済義務から解放される。借金がなくなるってことです。人生をリセットできる有益な制度です。もちろん一定額以上の財産は処分されます。
任意整理:法律の手続きでない債務者と債権者の合意!プロに依頼することにより、借金を大幅減額しで、利息もなくすことが可能です。個人での挑戦は、プロの金貸し相手であることを十分認識する必要があります。

 

個人再生とは?

個人民事再生:3000万以下の借金で、継続的な収入が見込める債務者に対し、借金の1/5か100万の多いほうに減額できます。ローンのある持ち家を残し、借金を大幅に減額できる制度です。

過払い金返還請求:返済必要なかった高金利返済額を消費者金融やサラ金から返還させることです。
個人再生 は、自己破産避けたいが、任意整理での支払いは無理な場合に、選択されることが多い手続きです。住宅を所有を手放すことなく債務整理できます。小規模個人再生と給与所得者再生があります。個人再生には職業・資格の制限はありません。

 

特定調停とは?

:裁判所の仲介で任意整理手続きをする債務整理です。過払い金返還請求は別途になります。

 

債務整理で過払い金を返還してもらう

 

債務整理という法的手段を用いることによって、過払い金を返還してもらえるようになります。

 

過払い金は、金融機関に対して消費者が返済しすぎてしまったお金の事を言います。
これは本来なら返さなくても良いお金なので、適切な法的手段を取ることによって返ってくるようになっているのです。
また、過払い金問題は金融機関が設定する利息の問題でもありますので、消費者にとっては何の非もない問題です。
ですので、過払い金の返還請求をすれば簡単にお金が手元に返ってきます。

 

具体的には、債務整理という手段を用いることになります。
債務整理というのは、文字通り債務者である消費者の債務を整理する事を言います。
抱えている債務問題を整理することによって、現状どのような処置を取ることがベストなのかを検討するわけです。
債務整理は一つの手段で成り立っているわけではなく、主に4つの手段から成り立っています。
任意整理、特定調停、民事再生、そして自己破産の4つです。
この内、過払い金問題に関して最も利用される手段は任意整理になっています。
理由は簡単で、簡易的な手続きによって問題を解決できるようになっているからです。

 

任意整理というのは、債権者と債務者の話し合いによって問題を解決する事を言います。
過払い金問題で言えば、債権者は金融機関であり債務者は消費者になります。
両者の言い分を話し合いによって聞き入れることによって、特別な法的処置を取らなくても問題を解決できるようにしているわけです。
その証拠に、任意整理では裁判所を通した話し合いはしません。
任意整理によって法的な拘束力を発揮させたいのならば、話し合いで決まった取り決めを新しい契約書に書かなくてはいけないのです。
そうすることによって初めて法的な効果が発揮されます。

 

任意整理は当事者同士の話し合いなので、話し合いでトラブルが発生しないように間に法律の専門家を置くことが通例となっています。
法律の専門家に進行を任せることによって、より簡単に問題を解決できるようになるわけです。

 

借金問題は一人で悩まない

借金の問題は人にはなかなか相談しにくいものです。親戚や知人にも恥ずかしくて言えないものです。
かといって、放置していても解決にはいたりませんので、支払い困難になり始めたら早めに相談するこをお勧めします。
誰に相談するのかと疑問がある人もいるでしょうが、借金問題の専門化は弁護士です。
ですので、弁護士へ相談することをお勧めします。
弁護士と聞くと費用がかかりそうというイメージがありますが、相談するだけならほとんどの弁護士が無料で受け付けています。
実際に仕事を依頼すれば報酬として費用もかかりますが、その場合は相談する人にも必ずメリットは発生しますので、まずは相談です。
全てはそこから解決するのです。決して一人で悩んではいけないのです。